1. トップ
  2. 学校・団体
  3. iTeachers TV Vol.129 千葉工業高等学校3年の皆森浩奈さんを公開

2018年2月28日

iTeachers TV Vol.129 千葉工業高等学校3年の皆森浩奈さんを公開

iTeachersとiTeachers Academyは28日、iTeachers TV Vol.129 千葉県立千葉工業高等学校3年生の皆森 浩奈さんによる「なければ作ろう!高校生が作るiPad用の授業コンテンツ」を公開した。

0228-it工業高校には主に3年生で、卒業研究にあたる「課題研究」という授業がある。千葉工業高校では、電子黒板やiPadの導入から3年が経ち、教師も授業で使うようになったが、パソコンをiPadに変えただけという感じだという。皆森さんたちに必要なのは、黒板で説明のつかないことを、iPadを使って理解することの出来るデジタルテキストのようなもの。

そこで、課題研究の時間を使って、教師が授業で使ってくれそうな「電気工事」のデジタルコンテンツを作ってみようと考えた。動画の撮影はiPhone、制作はiBooksAuthorやiMovie、すべて身近にある機材で制作を行った。完成したコンテンツは後輩だけでなく、企業の人にも見てもらい、社員研修などに使えそうだという高評価を得たという。

皆森さんは、普通高校がどうしても嫌だったため、技術と資格を得られる千葉工業高校の電気科に入学し、数多くの国家資格を取得。部活動で無理やりやらされたLANケーブル製作がきっかけで、学校中の無線アクセスポイントの設置や配線工事などを行う。特技はイラストを描くことで、文化祭のポスターなども制作。現在はiPadProとApplePencilでイラストを描いている。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」は、情報通信総合研究所の平井 聡一郎氏による、「今後のICT環境の整備方針について」。

平井氏は、茨城県の公立小、中学校で22年間、市町及び県教委で指導主事として11年間勤務。古河市教育委員会参事兼指導課長を最後に公務員を退職し、現職。併せて、文部科学省、総務省の教育ICTに関わる委員を歴任。現在、全国各地でICT機器活用による教育改革に取り組み、特に小学校でのプログラミングの普及に多くの実践を重ねている。

iT-Lv2

□ なければ作ろう!高校生が作るiPad用の授業コンテンツ

KDDIまとめてオフィス タブレットの運用が不安 KDDIグループに全部お任せ!
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ロボットとならはずかしくない!間違えたって英語で話そう!英会話ロボットはチャーピー Charpy
教育ICT 大規模導入!in 熊本市 NTT DOCOMO
早期お申込がおトク!2019年新人・新卒者研修 春の先得キャンペーン KENスクール 法人研修サービス
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!eラーニングでお悩みですか? Matrox
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス