1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 国際資格の専門校アビタス、米国プロバイダと提携

2018年3月1日

国際資格の専門校アビタス、米国プロバイダと提携

アビタスは、3月からUSCPA (米国公認会計士) の継続教育事業に進出し、米国プロバイダ「サージェント」社と提携して、同社のオンラインプログラムの受講をサポートする。

150_75_201802281640185a965ce23f4e6米国資格は、試験に合格してライセンスを取得したあともレベルを保つため、試験当局が公認するプログラムを受講して「継続教育単位」を取得するように課している。USCPAの場合、州ごとに定められた継続教育単位をクリアする必要があり、アビタスがライセンス取得をサポートしているワシントン州では、3年間で120単位の取得が求められている。

サージェントは、30年以上にわたりUSCPAやその他のプロフェッショナル資格に向けた継続教育コースを提供してきており、同社のコースでは最新の会計監査基準や税法を学ぶことができるほか、EA (米国税理士) の継続教育単位を取得することもできる。

継続教育プログラムはオンラインで受講できるが、アビタスでは教室での関連イベントを随時開催することで、知識の深い理解と卒業生同士の交流を後押している。

なお今回の提携を記念し、アビタス卒業生向けに米国会計監査基準の最新情報を解説する特別講義を、3月4日にアビタス新宿本校で開催する。

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス