1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 国際資格の専門校アビタス、米国プロバイダと提携

2018年3月1日

国際資格の専門校アビタス、米国プロバイダと提携

アビタスは、3月からUSCPA (米国公認会計士) の継続教育事業に進出し、米国プロバイダ「サージェント」社と提携して、同社のオンラインプログラムの受講をサポートする。

150_75_201802281640185a965ce23f4e6米国資格は、試験に合格してライセンスを取得したあともレベルを保つため、試験当局が公認するプログラムを受講して「継続教育単位」を取得するように課している。USCPAの場合、州ごとに定められた継続教育単位をクリアする必要があり、アビタスがライセンス取得をサポートしているワシントン州では、3年間で120単位の取得が求められている。

サージェントは、30年以上にわたりUSCPAやその他のプロフェッショナル資格に向けた継続教育コースを提供してきており、同社のコースでは最新の会計監査基準や税法を学ぶことができるほか、EA (米国税理士) の継続教育単位を取得することもできる。

継続教育プログラムはオンラインで受講できるが、アビタスでは教室での関連イベントを随時開催することで、知識の深い理解と卒業生同士の交流を後押している。

なお今回の提携を記念し、アビタス卒業生向けに米国会計監査基準の最新情報を解説する特別講義を、3月4日にアビタス新宿本校で開催する。

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
DRONE STAR スターターセット 全員貰えるアンケートキャンペーン 学校・教育関係者対象 4/26(木)17時59分迄
EDIX2018 出展社特集 出店情報・商談予約 5月16日〜18日開催
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録