1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Adobe Captivate 2017を使ったeラーニングコンテンツを制作開始

2018年3月1日

Adobe Captivate 2017を使ったeラーニングコンテンツを制作開始

アテインは、Adobe Captivate 2017を駆使したeラーニングコンテンツの制作サービスを3月10日から開始する。

Adobe Captivate 2017はレスポンシブ対応のeラーニングコンテンツを作成するためのスマートなオーサリングプラットフォーム。Microsoft Word、Excel、PowerPoint、Adobe Photoshop、Illustratorなどをベースに、Adobe Captivateを活用して制作した「誰でもわかるシリーズ」のFlash形式のeラーニングコンテンツは、実際にソフトを操作しているかのようにシミュレーションしながら効率的に学習できるとして好評だという。

同社は、これまでに積み重ねたAdobe Captivate 2017以前のバージョンのインタラクティブコンテンツの制作ノウハウを活用して、新バージョンのAdobe Captivate 2017を使ったeラーニング制作の受託を開始することを決定した。今後は、Adobe Captivate 2017導入クライアントの希望に沿ったオリジナルコンテンツの制作も手がけていきたいとしている。

関連URL

サンプル版「誰でもわかるシリーズ」

 

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録