1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Adobe Captivate 2017を使ったeラーニングコンテンツを制作開始

2018年3月1日

Adobe Captivate 2017を使ったeラーニングコンテンツを制作開始

アテインは、Adobe Captivate 2017を駆使したeラーニングコンテンツの制作サービスを3月10日から開始する。

Adobe Captivate 2017はレスポンシブ対応のeラーニングコンテンツを作成するためのスマートなオーサリングプラットフォーム。Microsoft Word、Excel、PowerPoint、Adobe Photoshop、Illustratorなどをベースに、Adobe Captivateを活用して制作した「誰でもわかるシリーズ」のFlash形式のeラーニングコンテンツは、実際にソフトを操作しているかのようにシミュレーションしながら効率的に学習できるとして好評だという。

同社は、これまでに積み重ねたAdobe Captivate 2017以前のバージョンのインタラクティブコンテンツの制作ノウハウを活用して、新バージョンのAdobe Captivate 2017を使ったeラーニング制作の受託を開始することを決定した。今後は、Adobe Captivate 2017導入クライアントの希望に沿ったオリジナルコンテンツの制作も手がけていきたいとしている。

関連URL

サンプル版「誰でもわかるシリーズ」

 

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi連携サービス 英語4技能 探求学習 プログラミング 他多数 Classi IDで利用可! まずはトライアル
ICTクラブ大泉学園 情報活用能力を育む STEAM系「21世紀コース」 プログラミングだけじゃない!

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス