1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Adobe Captivate 2017を使ったeラーニングコンテンツを制作開始

2018年3月1日

Adobe Captivate 2017を使ったeラーニングコンテンツを制作開始

アテインは、Adobe Captivate 2017を駆使したeラーニングコンテンツの制作サービスを3月10日から開始する。

Adobe Captivate 2017はレスポンシブ対応のeラーニングコンテンツを作成するためのスマートなオーサリングプラットフォーム。Microsoft Word、Excel、PowerPoint、Adobe Photoshop、Illustratorなどをベースに、Adobe Captivateを活用して制作した「誰でもわかるシリーズ」のFlash形式のeラーニングコンテンツは、実際にソフトを操作しているかのようにシミュレーションしながら効率的に学習できるとして好評だという。

同社は、これまでに積み重ねたAdobe Captivate 2017以前のバージョンのインタラクティブコンテンツの制作ノウハウを活用して、新バージョンのAdobe Captivate 2017を使ったeラーニング制作の受託を開始することを決定した。今後は、Adobe Captivate 2017導入クライアントの希望に沿ったオリジナルコンテンツの制作も手がけていきたいとしている。

関連URL

サンプル版「誰でもわかるシリーズ」

 

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス