1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アドビ、eラーニング作成ツール「Adobe Captivate」のライセンスを無料提供

2020年3月6日

アドビ、eラーニング作成ツール「Adobe Captivate」のライセンスを無料提供

アドビ・システムズ(アドビ)は5日、新型コロナウイルスによる小中高校などの一斉臨時休校を受け、同社のeラーニング作成ツール「Adobe Captivate」のライセンスを、12日から3カ月間無料で提供すると発表した。

「Adobe Captivate」は、Power Pointで作成した学習用スライドを元にテスト、進捗記録などeラーニング効果を高める様々な要素を追加・編集できる、eラーニング教材作成ツール。

完成した教材のリンクを生徒に配信すれば、生徒側はPCやスマホ、タブレットで同教材を見て学ぶことができる。

また同社は、今回のライセンス特別提供に伴い、12日に、「Adobe Captivateの基本の使い方」オンラインセミナーを開催する。

このセミナーは、「Adobe Captivate」がどのようなツールなのか確認したい、さっそく使い始めたい、と考えている教師向けに無料で開催。ライセンスの提供を希望する教師は、このオンラインセミナーを受けることが条件になる。

「ライセンス特別提供」の概要

提供内容:「Adobe Captivate」ライセンスを3カ月間無料
提供人数:Windows版35人、Mac版15人の合計50人(先着順)
提供対象者:休校中の学校教育機関に勤める教師
利用方法:
①3月11日(水)まで
「Adobe Captivateの基本の使い方」オンラインセミナーに参加登録した教師にライセンスを提供
②3月12日(木)以降
提供ライセンス数が上限に達していなかった場合のみ、特設ウェブサイトでライセンス申し込みを受け付け
詳細

「Adobe Captivateの基本の使い方セミナー」開催概要

開催日時:3月12日(木)18:00~19:00
定員:50人(事前登録制)
会費:無料
事前登録締切り:3月11日(水)13:00
参加登録

関連URL

「Adobe Captivate」

アドビ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス