1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 追手門学院大、松宮ゼミの学生が小学生向けの英語学習教材を開発

2018年3月20日

追手門学院大、松宮ゼミの学生が小学生向けの英語学習教材を開発

追手門学院大学は19日、同大学の国際教養学部国際教養学科の松宮新吾教授のゼミ生らが、オリジナルのアニメ・キャラクターを取り入れた小学生向けの英語学習教材を開発したと発表した。

0320-ot同英語教材の開発はゼミ活動の一環として行われたもので、松宮ゼミで英語教育の手法を学んでいる3年生の女子学生4人が携わった。開発した教材は、文章の構造についての「気付き」を誘発することができるのが特徴。オリジナルのアニメ・キャラクターが登場し、子どもたちに語りかけながら、体験的に学びを深めることができる。

登場するのはサブ (主語)、ヴィッキー (動詞)、オスカー (直接目的語)、オリーブ (間接目的語)、キャンディー (補語) の5つのキャラクター。英語の基本5文型を構成する文の要素にちなんだキャラクターたちが、かけっこの到着順位を競う中で、英文の語順や構造を体験的に学ぶことができる内容になっている。

昨年11月に行われた大阪府八尾市教育委員会の「授業力向上研修『小学校外国語活動』講座」で発表され、現場の小中学校教員から好評を得たことから、4月からの実用化に向けて完成度を高めるべく準備を進めている。

関連URL

追手門学院大学

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
DRONE STAR スターターセット 全員貰えるアンケートキャンペーン 学校・教育関係者対象 4/26(木)17時59分迄
EDIX2018 出展社特集 出店情報・商談予約 5月16日〜18日開催
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録