1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 追手門学院大×大阪府警本部、犯罪被害を疑似体験できるVRを共同開発

2019年10月25日

追手門学院大×大阪府警本部、犯罪被害を疑似体験できるVRを共同開発

追手門学院大学は24日、女性の自主防犯意識を高める目的で、VR(Virtual Reality:仮想現実)を活用した、犯罪被害を疑似体験できるコンテンツを、大阪府警察本部府民安全対策課と共同開発したと発表した。


同大側の開発者は、副学長でデータサイエンスが専門の原田章教授。

原田教授は、360度の視野を1度に撮影できる専用カメラで公園の風景を撮影し、専用ゴーグルと連動させることで、ゴーグルをつければあたかも公園にいるような感覚になる仮想現実(VR)をつくり出した。

これを使って、スマホで音楽を聴きながら公園を歩いているという場面を設定。背後から不審な人物が近づいて来る状況に気づくことが、いかに難しいかということを疑似体験できるようにした。

基本的に専用カメラとゴーグルがあれば製作することができ、プログラムで一から同様の仮想空間をつくるのと比べるとかなり安価だという。

VRコンテンツの完成を受け、11月2日に追手門学院茨木総持寺キャンパスで開催する合同学園祭で、来場者向けに初の防犯教室を開催する。

「防犯教室」開催概要

開催日時:11月2日(土)、①10時~②11時~③13時~④14時~⑤15時~(入替制で計5回)
開催会場:追手門学院茨木総持寺キャンパス大学棟・アカデミックアーク5階A532およびA533[大阪府茨木市太田東芝町1番1号]
参加:無料(当日、会場で受付、希望者多数の場合は整理券を配付)、VR体験は13歳以上が対象で、同意書へのサインが必要。

関連URL

追手門学院

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
Cat6A 国内シェア No.1 カテゴリ6A LAN配線のことなら PANDUIT TM 校内LAN整備のQ&A 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス