1. トップ
  2. 学校・団体
  3. ファンタムスティック、特別支援学級にアプリ導入で学習効率が最大2.6倍に

2019年10月25日

ファンタムスティック、特別支援学級にアプリ導入で学習効率が最大2.6倍に

ファンタムスティックは24日、千葉県市川市立新浜小学校特別支援学級と共同で今年7月にスタートした「ゲームinスクール」の取り組みにおいて比較テストを検証した結果を発表した。

「ゲームinスクール」は、同社のゲーム式学習アプリ「プレイスタディゴー!」を授業に導入するプロジェクト。その第1弾として、新浜小学校特別支援学級では、1人1台のiPadと「算数忍者」「国語海賊」をはじめとするプレイスタディゴー!シリーズを使った学習が導入された。

実証研究では、「ゲームinスクール」導入前と導入後2週間おきに同じペーパーテストを行い、計3回の実態調査を実施し結果を分析した。それによると、漢字テスト回答数が最大2.7倍に、計算テスト回答率が最大1.8倍にアップした。導入前は紙と鉛筆でドリル学習を行っており、問題を解く際に「間違えて消しゴムで消す」「消した後に書き直す」「消すうちに紙がグシャグシャになる」などの理由で、集中できない、やる気がなくなってしまうといった問題があったが、iPad学習の場合はタッチするだけなのでそうした問題がなくなり、集中してドリルに向かうことができたものと考えられる。

また正答数の比較においても、漢字テスト正答率が最大1.4倍に、計算テスト回答率が最大2.6倍にと大きく伸びる結果となったことから、総合的に学習効率が上がったと捉えられるとしている。さらに「ゲームinスクール」導入後は、iPad学習により楽しみながらドリル学習に取り組む姿が見受けられ、「書く」ことに対する意欲も以前より高まり、字形を意識できるようになったという。

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
Cat6A 国内シェア No.1 カテゴリ6A LAN配線のことなら PANDUIT TM 校内LAN整備のQ&A 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス