1. トップ
  2. 学校・団体
  3. ファンタムスティック、特別支援学級にアプリ導入で学習効率が最大2.6倍に

2019年10月25日

ファンタムスティック、特別支援学級にアプリ導入で学習効率が最大2.6倍に

ファンタムスティックは24日、千葉県市川市立新浜小学校特別支援学級と共同で今年7月にスタートした「ゲームinスクール」の取り組みにおいて比較テストを検証した結果を発表した。

「ゲームinスクール」は、同社のゲーム式学習アプリ「プレイスタディゴー!」を授業に導入するプロジェクト。その第1弾として、新浜小学校特別支援学級では、1人1台のiPadと「算数忍者」「国語海賊」をはじめとするプレイスタディゴー!シリーズを使った学習が導入された。

実証研究では、「ゲームinスクール」導入前と導入後2週間おきに同じペーパーテストを行い、計3回の実態調査を実施し結果を分析した。それによると、漢字テスト回答数が最大2.7倍に、計算テスト回答率が最大1.8倍にアップした。導入前は紙と鉛筆でドリル学習を行っており、問題を解く際に「間違えて消しゴムで消す」「消した後に書き直す」「消すうちに紙がグシャグシャになる」などの理由で、集中できない、やる気がなくなってしまうといった問題があったが、iPad学習の場合はタッチするだけなのでそうした問題がなくなり、集中してドリルに向かうことができたものと考えられる。

また正答数の比較においても、漢字テスト正答率が最大1.4倍に、計算テスト回答率が最大2.6倍にと大きく伸びる結果となったことから、総合的に学習効率が上がったと捉えられるとしている。さらに「ゲームinスクール」導入後は、iPad学習により楽しみながらドリル学習に取り組む姿が見受けられ、「書く」ことに対する意欲も以前より高まり、字形を意識できるようになったという。

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス