1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 子ども冒険体験創造ラボ、院内学級の生徒が海底基地モチーフのVR空間を初体験

2022年3月30日

子ども冒険体験創造ラボ、院内学級の生徒が海底基地モチーフのVR空間を初体験

子ども冒険体験創造ラボは、愛知県の院内学級の小中学生を対象に、「Virtual Ocean Project」のVR技術と水中ドローンを用いたオンライン授業を、3月17日に開催した。


授業には、名古屋大学付属病院院内学級の小中学生8名が参加。海底基地をモチーフにした「VR空間」での授業を実施した。海中360度映像(水中ドローンが撮影)を利用し、バーチャルキャラクター(VTuber)イルカの”ブッチくん”が生徒とコミュニケーションをとることで、体験型の授業を行った。

「Virtual Ocean Project」は、水中ドローンと最新のIT技術を⽤いて新しい海洋VR(仮想現実)コンテンツを世界に発信するプロジェクト。海中映像とVR技術を組み合わせることで、ドローンの操作者が没入感を感じながら水中遊泳の疑似体験ができるシステムを開発し、ハンディキャップなどによる体験格差を解消することを目的に2019年から活動を行っている。イベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる”日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環。

授業の様子 

関連URL

Virtual Ocean Project

海と日本プロジェクト

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス