1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. イオンディライト、設備管理員が対象の「保安防災教育」に9月からVR導入

2022年8月31日

イオンディライト、設備管理員が対象の「保安防災教育」に9月からVR導入

イオンディライトは、設備管理員を対象にした「保安防災教育」に、9月から、施設管理業務のリアルな疑似体験ができる「VR」(Virtual Reality:仮想現実)ツールを導入する。

● 導入したVRゴーグル(写真左)と着用した従業員(写真中央)、着用者に見える映像(写真右)

VRツールによる体験学習を組み込んだ同教育プログラムは、電気主任技術者を中心に、年間約500人に実施していく。

VRコンテンツの第1弾として、労働安全衛生上、重大事故に繋がる可能性がある①電気設備によるアーク負傷事故、②脚立落下・転落事故、③マンホール落下・転落事故―の3つを制作。

①電気設備によるアーク負傷事故では、電気設備の正しい手順を学習すると同時に、手順不履行時に生じうる事故の危険性を疑似体験。②脚立落下・転落事故では、 脚立を使用した高所作業の正しい手順を学習すると同時に、手順不履行時に生じうる事故の危険性を疑似体験する。

また、③マンホール落下・転落事故では、マンホールを開けた状態で作業する場合に発生しうる事故を疑似体験する。

現実の職場での体験学習が難しい業務をVRで疑似体験することで、業務手順不履行による重大事故を体感し、保安防災意識を高めるとともに、正しい手順を習得し、技術力の向上を図っていく。

VRツールは、同社グループの研究・研修施設「イオンディライトアカデミーながはま」に常備し、2022年9月以降の設備管理員の定期研修時に活用する。

今後は、設備管理のほか、警備や清掃といった業務にまで対象を広げ、VRコンテンツを増やしていく計画。

関連URL

イオンディライト

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス