1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 近畿大、学生情報漏えい防止のために「2段階認証」システム導入

2018年3月22日

近畿大、学生情報漏えい防止のために「2段階認証」システム導入

近畿大学は、情報セキュリティ強化のために、NTT西日本とアイピーキューブの協力を得て、22日から、学生・教職員のシステム利用時における本人認証に「2段階認証」システムを導入する。

0322-kindai近畿大学6キャンパスの全学生・教職員約4万7千人を対象に、学内外システム利用時の本人認証で、従来のID・パスワードに加えて、スマートフォンアプリやメールを利用したワンタイムパスワード(確認コード)を用いる2段階認証を実施する。

これによって、パスワードリスト攻撃、ブルートフォース攻撃、フィッシング攻撃など様々な手口の不正ログインを防御し、より安全で高度なセキュリティを実現するという。

学生や教職員は、大学が提供している学内システムのほか、メールサービスとして利用しているGmailなどの学外クラウドサービスなど、多様なWebサービスを日々利用している。

そこで、普段利用するシステムに適切なセキュリティを施すことで、学生の情報セキュリティに関する意識を高めるという狙いもある。

また、今回のシステムでは、利用者自身が認証方式を選択・設定することができる多要素認証システム(アイピーキューブ社「AuthWay」)を導入。

従来からのシングルサインオン機能(アイピーキューブ社「CloudLink」)や、利用者本人の端末であれば2段階認証を一度行うとその後、一定期間は2段階認証を省略できる機能などで、利用者の利便性も担保する。

関連URL

近畿大学

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス