1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Apple、生徒の創造力を刺激する「Everyone Can Create」カリキュラムを発表

2018年3月30日

Apple、生徒の創造力を刺激する「Everyone Can Create」カリキュラムを発表

Appleは28日、生徒の創造力を刺激して成功するためのインスピレーションをもたらすようにデザインされた新しい無料カリキュラム「Everyone Can Create」を発表した。

0330-ap同カリキュラムは、教師が数学、科学、歴史、英語のようなあらゆる既存の授業プランに、スケッチ、作曲、映画制作、写真撮影などを面白く、かつ簡単に組み込めるようにするもの。

多くの生徒が興味をもって積極的に参加し、教師のためのプログラムとして既に成果を上げているAppleの「Everyone Can Code」に次ぐ第2弾。

同カリキュラムは、新しい9.7インチiPadとApple Pencilの利用が前提。新しいiPadは、学校向けに3万5800円という低価格からの販売だが、大型のRetinaディスプレイ、A10 Fusionチップ、性能アップした2つのカメラ、先進的なセンサーを搭載。性能に似合わない可搬性、使いやすさ、1日中使えるバッテリー駆動時間が特長だ。

最新のiPadには、教職員・生徒たちが無料で使える内蔵アプリケーションとして、Pages、Numbers、Keynote、GarageBand、Clips、iMovieが付属するほか、iPad専用に作られた総計130万本以上のアプリケーションがApp Storeで入手できる。

教育者やプロフェッショナルなクリエイターの協力の下で開発された同カリキュラムには、教師および生徒向けのガイド、レッスン集、アイデア集、事例集が含まれている。

生徒たちは、iPadの内蔵カメラを使って、繰り返す図形のフラクタルについて学んだり、Apple PencilとTayasui Sketchesのようなお絵描きアプリケーションを使って対称性について学んだりできる。

各Apple Store(世界21カ国501店舗)では今春から、既存の教職員向けToday at Appleセッションの一環として、「Everyone Can Create」の展開を開始する予定だ。

関連URL

Apple

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録