1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. eポートフォリオ「Pholly」、目標評価機能などを大幅拡充

2018年4月11日

eポートフォリオ「Pholly」、目標評価機能などを大幅拡充

Mogicは10日、学生の学修活動を記録するクラウドeポートフォリオ「Pholly(フォリー)」に、ロボットアシスタントなど継続性をあげる機能を拡充したと発表した。

d4876-35-250160-0アクティブラーニングをサポートするツールとして開発された「Pholly」は、これまでもファイル共有やグループチャットなど講義中でのグループワークに使われてきた。

今回の大型バージョンアップでは、学生が継続的に楽しく利用できるように、ルーブリックやロボットアシスタントなどの機能を大幅に拡充。

目標設定につながるルーブリックは、講義単位で個別に評価項目を設定することができるようになった。

ロボットアシスタントは、ログインすると話しかけてくれたり、ファイルをアップロードすると喜んでくれたり、孤独になりがちな学修活動を相棒のように伴走してくれるので、楽しみながら学修の継続をサポートする。

将来的には、学修効果を上げるために必要な目標設定→ふりかえり→アウトプット→フィードバックのサイクルをサポート。「Pholly」は初期費用15万円〜、月額2万円(利用者100人まで)(いずれも税別)。

関連URL

Pholly

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想 文科省標準仕様に対応した MDM
  • BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス