1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. クラウド型授業支援システム「Pholly」、学びの質を高める新機能を5月下旬に追加

2021年4月28日

クラウド型授業支援システム「Pholly」、学びの質を高める新機能を5月下旬に追加

Mogicは、教育機関向けクラウド型授業支援システム「Pholly(フォリー)」に、学生が自己目標や自己評価、自己学習記録を設定できる新機能を5月下旬から追加する。

Phollyは低予算からでもハイブリッド型の授業を実施できるツール。学習塾や学校内でレポートや報告書のやりとり、意見交換などができる。今年2月に動画配信サービスが追加されたことで、学生にあらかじめオンラインの講義で知識を習得してもらった上で、対面授業ではアクティブラーニングなどの実践型学習を実施する反転学習を提供することができるようになった。

このたびの新機能の追加により、学生の自立学習を支援し、学びのサイクル(自己目標→学習→ふりかえり→評価)を強化するとともに、学生・教員の双方が事前・中間・最終と学習の3つの時期に評価できるようになり、教員の一方的な評価だけでなく、生徒自らが目標を設定し評価することが可能となる。

今回の新機能で、遠隔であっても教員と学生のコミュニケーションを活発にし、学生の自主性と意欲を向上させ、学びの質を高めることを目指している。料金は従来のPhollyサービス基本料金(初期費用16万5000円から/月額費用100名まで2万2000円)に含まれる。

関連URL

「Pholly」

Mogic

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス