1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 発達障がいの子どもを支援するアプリが「Google Play Awards」にノミネート

2018年4月27日

発達障がいの子どもを支援するアプリが「Google Play Awards」にノミネート

LITALICOは26日、発達障がいの子どもを支援する同社のゲームアプリ「こえキャッチ」(海外タイトル:Voice Volume Catcher)が、Android端末向けにアプリを配信するGoogle Playが全世界の優れたアプリ・ゲームを表彰する「2018 Google Play Awards」にノミネートされたと発表した。

0427-lt
このアプリは、スマホ・タブレットの音声入力機能を利用し、他者とのコミュニケーションに必要な「声の大きさ」のコントロールを楽しく学ぶことができるゲーム。

マイクに向かって声を出すと、カゴを持った動物たちが木から落ちてくるスイーツをキャッチ。指示されるボリュームに合わせて声を出し、ゲームをクリアしていくことを通して、自分の声がどれくらい大きいか・小さいかという抽象的な概念を視覚的に捉えることができるようになり、自然と日常生活に適切な声の大きさを理解することができる。対象年齢は3歳~で、価格は無料。

Google Play Awardsは、この1年間にリリースまたは大きなアップデートがあった全世界のアプリ・ゲームの中で、最も優れた作品を9つの部門で表彰するアワード。ひとつの部門ごとに5アプリずつ、合計45のアプリがノミネートされており、大賞の発表は5月7日19:30(太平洋夏時間)に行われる。

LITALICOが昨年8月にリリースした「こえキャッチ」は今回、Google Play Awardsの、障がいのある人など特別なニーズのある人向けのアプリ・ゲームを対象にした部門「Best Accessibility Experience」でノミネートされた5タイトルのうちのひとつに選出された。

他にノミネートされたタイトルは、視覚や聴覚など身体障がいのある人を対象としたアプリで、発達障がいのある人を対象としたアプリとしては、「こえキャッチ」が唯一のノミネート。

関連URL

こえキャッチ(日本語)

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス