1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. チャット小説アプリ「peep」、Google Play「ベストオブ2019」で受賞

2019年12月4日

チャット小説アプリ「peep」、Google Play「ベストオブ2019」で受賞

taskeyは3日、同社のチャット小説アプリ「peep(ピープ)」が、Google Play「ベストオブ2019アプリ」のエンターテイメント部門を受賞した、と発表した。

チャットを読む感覚で小説を閲覧できるアプリ「peep」は、2017年12月に提供を開始。最大の特徴は、「ユーザー投稿型のチャット小説アプリが主流な中、商業作家を中心にプロ作家が執筆した本格派の小説を取り扱っている」という点。

作品数は1300本を超え、140万ダウンロードを突破。2018年12月には、チャット小説だけに留まらず、日本で初めて動画×テキストで構成された「シネマ小説」をスタート。2019年には、アメリカ版もリリースした。

Google Play「ベストオブ2019」(#ベストオブ2019 #GooglePlay)は、Google Playが2019年に話題になったゲーム・アプリなどを選出して発表するイベント。12月6日に開催されるPlaytimeイベントでは、部門大賞が発表される。

「peep」概要

サービス開始日:2017年12月4日
対応端末:iOS、Android
コンテンツ:ホラー、恋愛ジャンルの短編小説を中心としたチャット小説、イラストを活用したチャット型UI漫画「タップコミック」、動画+テキストの新しい読み物「シネマ小説」
料金形態:
・「定額制」:月額960円、週額360円
・「従量課金制」:120円(200peep)、240円(400peep)、480円(800peep)、720(1200peep)
詳細:
(iOS版)
(Android版)

関連URL

taskey

Google Play「ベストオブ2019」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス