1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Progate×YassLab、プログラミング学習コンテンツ事業で提携

2018年4月4日

Progate×YassLab、プログラミング学習コンテンツ事業で提携

Progateは3日、YassLabの「Ruby on Rails チュートリアル」と、プログラミング学習コンテンツ提供事業で提携したと発表した。

d15015-36-573559-2「Ruby on Rails チュートリアル」は、アメリカ発のオンライン教材で、Web開発者やIT起業家を目指す人向けの入門書(著者Michael Hartl)。Rubyの基礎、HTMLやCSS、データベース、バージョン管理、開発技法などWeb開発のすべてを網羅し、世界中で利用されている。日本語版はYassLabが運営し、Webで公開している。

Progate社の教材は、Railsチュートリアルを学習する上での前提知識となるもので、Railsチュートリアルの中に組み込まれることで、初心者が実際にWebアプリケーションを開発できるようになるまでの導線がよりスムーズになる。

また「Ruby on Rails」は、Rubyプログラミング言語で記述された、Web開発フレームワーク。2004年の登場以来Railsは世界中に広まり、AirbnbやDisney, GitHub, Huluなど多くの企業が採用している。

Railsチュートリアルを学習するには、Rubyに加え、HTMLやCSS、JavaScript、Git、Command Lineなど複数のプログラミング言語が前提知識として必要。

しかし、これまでのRailsチュートリアルで紹介されている教材はすべて英語のテキスト中心のもので、初心者には難解だった。

今回の両社の提携は、Railsチュートリアルの一番最初の「前提知識」の章で、これまでの英語教材をProgateの学習コンテンツに加えて紹介、ページリンクするもの。

初心者に最適なProgateと、より詳しく実践的なRailsチュートリアルを併せてWeb上で紹介することで、初心者がWebアプリケーションを開発できるようになるまでの導線をスムーズにする。

関連URL

Ruby on Rails チュートリアル

Ruby on Railsチュートリアル「1.1.1 前提知識」

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! 無料体験版はこちら CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録