1. トップ
  2. データ・資料
  3. 大学受験生の83.6%が「都会と地方で教育格差を感じる」と回答

2018年5月24日

大学受験生の83.6%が「都会と地方で教育格差を感じる」と回答

シンドバッド・インターナショナルが運営する「家庭教師メガスタディオンライン」は23日、全国の大学受験生とその保護者を対象に実施した「首都圏と地方の教育格差についての意識調査」の結果をまとめ発表した。

Q:首都圏とそれ以外の地域で、教育環境に差はあると思いますか?(回答数: 171 )

Q:首都圏とそれ以外の地域で、教育環境に差はあると思いますか?(回答数: 171 )

調査によると、「首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)とそれ以外の地域で教育環境(予備校・塾の充実度、講師のレベル、情報など)に差はあると思うか?」との質問に、実に8割以上(83.6%)が「差を感じる」と回答。

「かなり差がある(かなり不利)」が40.9%、「多少差を感じる(多少不利)」が42.7%と、相当割合の大学受験生とその親が「地方の受験生は不利」と感じている実態が明らかになった。

具体的にどういう点が不利と思うかとの質問には、「講師のレベル」、「そもそも予備校や塾が少ない」、「受験情報がない」などの回答が多く寄せられた。

さらに、「地元の予備校・塾に不安はあるか?」という質問に対しては、約7割の高校生・保護者が「不安がある」と回答。

内訳を細かくみると、「かなり不安がある」が19.3%、「多少不安がある」が49.7%という結果になり、地方の受験生の大多数が地元の予備校・塾に不安を抱えている実態が判明した。

同調査は3月1日~4月30日にかけて実施。サンプル数は、大学受験生本人が79件、保護者が92件の合計171件。内訳は、浪人生15.2%、高3生39.8%、高2生20.5%、高1生6.4%、残りがそれ以外(中学生など)。

関連URL

私立大学受験専門・家庭教師メガスタディオンライン

KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ロボットとならはずかしくない!間違えたって英語で話そう!英会話ロボットはチャーピー Charpy
教育ICT 大規模導入!in 熊本市 NTT DOCOMO
早期お申込がおトク!2019年新人・新卒者研修 春の先得キャンペーン KENスクール 法人研修サービス
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 大型提示装置の活用が“ぐん”と広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス