1. トップ
  2. 学校・団体
  3. HALとユカイ工学、未来のロボット開発者の育成に産学連携プロジェクト

2018年5月24日

HALとユカイ工学、未来のロボット開発者の育成に産学連携プロジェクト

ユカイ工学は、未来のロボット開発者の育成を支援することを目的に、IT・デジタルコンテンツ分野の専門学校HALとの産学連携プロジェクトを4月からスタートした。

d15618-48-305628-8同プロジェクトでは、2018年度ケーススタディとして、先端ロボット開発学科の学生が主体となり、「子ども向け教育ツール」を課題に、ユカイ工学のコミュニケーションロボット「BOCCO」の周辺機器の企画・開発と新しい教育ツールとしての利用方法の開拓に取り組む。

これにより、未来のロボット開発者の育成に寄与するとともに、学生ならではの新鮮なアイデアを引き出し、“面白さを優先”し“世の中にないもの”を誕生させることを目標に、相互に新たな商品開発を目指すことを目的としている。

BOCCOは、インターネット経由でスマートフォンと音声メッセージをやりとりできるほか、BOCCO側から送った声を文字化したり、スマートフォンから送った文字メッセージを読み上げることができる。さらに、自宅内に設置されたセンサの情報と連動して、外出先からドアや鍵の開閉、部屋の温湿度や照度をスマートフォンに通知することができる。

また、天気予報や防災情報などの知りたい情報をBOCCOアプリ内の「BOCCOチャンネル」や組み合わせアプリを介してBOCCOがしゃべってくれる機能も搭載。さらに新機能「お願いBOCCO」では、指定時間にしゃべってくれるリマインダー機能も追加され、ゴミ出し日のお知らせや目覚まし時計代わりにも役立つという。

関連URL

専門学校HAL

BOCCO

Classi 教育改革期におけるICT活用を考える会 10.27(土)東京会場にて開催!
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス