1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. コミュニケーションロボット「BOCCO」で忘れ物チェックが可能に

2017年11月9日

コミュニケーションロボット「BOCCO」で忘れ物チェックが可能に

MAMORIOは8日、ユカイ工学と事業提携し、コミュニケーションロボット「BOCCO」で忘れ物チェックサービスを開始したと発表した。

d22173-35-810254-4「MAMORIO」は、財布や家の鍵などに装着すると、出かけ先から忘れ物がないか確認できる紛失防止タグ。一方、「BOCCO」は、様々なアプリケーションやIoT機器と組み合わせて使うことができるコミュニケーションロボット。

今回、「BOCCO」に紛失防止タグ「MAMORIO」を連携させ、ユーザーが「忘れ物チェック」と「BOCCO」に話しかけると、鍵や財布を忘れていないか音声とアプリで教えてくれるようになった。

「MAMORIO」は、Bluetooth Low Energyを活用したタグを付けるだけで、万が一の紛失時にはスマートフォンを使い、置き忘れ防止アラートと紛失場所の地図表示、ユーザーの相互捜索によるクラウドトラッキングで無くしたものを見つけることができる世界最小クラスの紛失防止IoTデバイス。

クラウドトラッキング機能は、「MAMORIO」のアプリを入れているユーザー同士で協力して紛失物を探す機能。クラウドトラッキング機能をオンにすると、他のユーザーが紛失した「MAMORIO」とすれ違った際にその場所を知らせ、紛失物を迅速に見つけることができる。

「MAMORIO」は、縦35.5mm×横19mm×厚さ3.4mm / 3gで、有効距離は約30m。リチウム電池を使用し、電池寿命は最大1年間。価格は3500円(税別)。

一方「BOCCO」は、インターネット経由でスマートフォンと音声メッセージをやりとりできるほか、「BOCCO」側から送った声を文字化したり、スマートフォンから送った文字メッセージを「BOCCO」が読み上げることができる。価格は2万9000円(税別)。

関連URL

MAMORIO公式ストア

BOCCO

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
Cat6A 国内シェア No.1 カテゴリ6A LAN配線のことなら PANDUIT TM 校内LAN整備のQ&A 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス