1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 三菱総研DCS、横浜市の公立中学個別支援学級に「コミュニケーションロボット」を提供

2020年10月6日

三菱総研DCS、横浜市の公立中学個別支援学級に「コミュニケーションロボット」を提供

三菱総研DCSは5日、社会貢献活動の一環として、神奈川県横浜市立鴨居中学校の個別支援学級に「コミュニケーションロボット」を設置したと発表した。

この取り組みでは、コミュニケーションロボットがもたらす効果を検証しながら、学習支援ツールとしての活用をめざす。

同中学個別支援学級の生徒15人を対象に、ロボットとの触れ合いや対話をきっかけとして、各生徒の前向きな気持ちを引き出し、学習をはじめとした学校生活全般での意欲の向上と行動の変化を後押ししていく。

コミュニケーションロボットは、音声認識や画像認識機能を駆使して、様々な人間的な動作を行い、生徒の知的好奇心や挑戦心を刺激する新しいコミュニケーションUX(ユーザエクスペリエンス)を提供する。

今回の同中学での活動では、同社のクラウド型対話AIエンジン「Hitomean(ヒトミン)」とソフトバンクロボティクスの小型2足歩行ロボット「NAO(ナオ)」を連携させて、学習支援を行う。

取り組みの概要

実施期間:9月17日~2021年3月31日(予定)
実施対象:神奈川県横浜市立鴨居中学校の個別支援学級生徒15人
期待する支援効果:
・ロボットとのふれあいをきっかけとした、知的好奇心や個性の育成
・ロボットとの対話による、対人コミュニケーション能力(アイコンタクト、距離、声量、発話速度、活舌など)の向上

関連URL

コミュニケーションロボットによる教育支援

三菱総研DCS

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!