1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 愛知県大学対抗ハッカソン「Hack Aichi 2020」、参加学生を全国から募集

2020年10月6日

愛知県大学対抗ハッカソン「Hack Aichi 2020」、参加学生を全国から募集

愛知県が主催する愛知県大学対抗ハッカソン「Hack Aichi 2020」の運営業務を担当するJellyWareは5日、同ハッカソンに参加する学生を全国から募集すると発表した。

同ハッカソンは、昨年に引き続き、「モノづくり×AI・IoT」をテーマに開催。愛知県内をはじめ、全国の大学生・大学院生が参加できる。

今回は、新型コロナの影響から、オンラインで開催するとともに、協賛企業のメンターが参加者に対してオンラインで技術的助言を行うなど、参加者と協賛企業による共創機会を設け、学生同士のハイレベルな競争を実現させる。

また、今年はサブテーマとして、①モノづくり王国「愛知県」で考える新型コロナウイルスから身を守る方法、②新型コロナウイルスが終息した「愛知県」の未来、の2つを設定。

サブテーマの内容に沿った「課題」を協賛企業から募集し、11月7日のアイデアソン当日に発表。参加者は、「課題」の1つ又は複数を選択して、その解決に向けた開発を行う。

開催概要

開催日程:
・11月1日(日)~11月7日(土):事前セミナー動画配信(1時間程度:「よくわかるディープラーニングウェビナー」)
・11月7日(土)13:00~15:30:アイデアソン(1日:アイデアメイキング、開発プラン発表/投票)
・11月7日(土)~11月14日(土):開発期間(1週間:参加者は任意の場所・時間で自由に開発を行う)
・11月15日(日)15:30~18:00:最終プレゼン・審査(1日)
開催方法:オンライン
参加費:無料
参加対象:大学生、大学院生(愛知県外からの参加も可能)、各大学から1チーム選抜(1チーム3人以上5人以下)、=想定するチーム構成の例:エンジニア2人・プランナー1人・デザイナー1人=
定員:20大学100人程度(応募者多数の場合は抽選、参加の可否は10月23日までに連絡)
審査基準:
「独創性」:学生らしい独創的な発想による作品なのか
「社会的必要性」:テーマの課題を解決している作品なのか
「作品の技術力」:アイデアが具現化された作品なのか
「作品のデザイン力」:機能だけではなくユーザー目線からデザインされている作品なのか
「チームワーク」:チームワークがよく、情熱を持っているチームなのか
「総合力」:総合的に判断して優れた作品なのか
賞:
・最優秀賞(愛知県知事賞):30万円×1チーム
・優秀賞(愛知県経営者協会賞):10万円×2チーム
・企業賞、特別賞、参加記念品
申込期間:8月25日(火)~10月20日(火)まで

詳細・申込

関連URL

JellyWare

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス