1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE 2020 for Youth」開催

2019年10月11日

競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE 2020 for Youth」開催

フューチャー イノベーション フォーラム(FIF)は、オンライン競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE 2020 for Youth」の予選を11月2日に、本選を12月7日に開催する。

このコンテストは、同社が昨年から開催している競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE」の中で開催する18歳以下のユース世代のための特別企画。予選は誰でもオンラインで無料参加でき、全国どこからでもエントリーできる。

予選・本選ともに解答時間は8時間。プログラミングの正確さやアルゴリズムを構成する力に加えて、問題の本質を見極めて論理的に解決する思考力も試される。本選出場の対象となるのは18歳以下で、「HACK TO THE FUTURE 2020」の本選出場者を除く18歳以下の成績上位10名と、全国6ブロックの成績上位各1名の合計16名を、東京のフューチャーアーキテクト本社で開催される本選に招待する。

今回始めて実施される同企画は、全国から高度なプログラミングスキルを持つユース世代を発掘し、オフラインで互いに交流を図り切磋琢磨する場を提供することを目的として行われる。

なお、同コンテストはAtCoderのオンラインシステムを利用するため、参加登録にはAtCoderのアカウント開設が必要となる。

関連URL

コンテストサイト

フューチャー イノベーション フォーラム(FIF)

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
Cat6A 国内シェア No.1 カテゴリ6A LAN配線のことなら PANDUIT TM 校内LAN整備のQ&A 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス