1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. オンライン競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE 2022 for Youth」18日に本選開催

2021年12月16日

オンライン競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE 2022 for Youth」18日に本選開催

フューチャー イノベーション フォーラム(FIF)は、オンライン競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE 2022 for Youth」の本選を12月18日に開催する。

フューチャーグループが2018年から開催しているオンライン競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE」のなかで行うユース世代のための特別企画。

11月3日(水)〜13日(土)の10日間(240時間)で予選を開催。96名が参加し、成績上位10名と全国6ブロック(北海道東北、関東、中部、近畿、中国四国、九州沖縄)の成績上位各1名の計16名が本選への出場権を獲得した。

本選は8時間で競い、成績上位3名には奨励金を授与する。大会終了後にはバーチャル空間oViceを活用し、表彰式、懇親会も行う予定。

コンテストは、AtCoderのオンラインシステムを利用し、本選出場権がない人もオープンコンテストで参加が可能。AtCoderでアカウントを作成し、コンテストページから「参加登録」をする。

開催概要

開催日時:12月18日(土) 10:00〜20:30
プログラム:プログラミングコンテスト(10:30~18:30)、表彰式・懇親会(任意)
実施形式:オンライン (開会式・表彰式、懇親会はバーチャル空間oViceを利用)

コンテストサイト:本選出場者

コンテストサイト:オープン参加

関連URL

AtCoder

フューチャー

フューチャー イノベーション フォーラム

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • RICHO 戸田市 STEAM教育実践オンラインセミナー 2022年2月21日 ご登録はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス