1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. オンライン競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE 2022 for Youth」予選を開催

2021年10月28日

オンライン競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE 2022 for Youth」予選を開催

フューチャー イノベーション フォーラ(FIF)は、オンライン競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE 2022 for Youth」の予選を11月3日〜13日、本選を12月18日に開催する。


同コンテストは、フューチャーグループが2018年から開催しているオンライン競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE」の中で行う、ユース世代のための特別企画で、今回3回目の実施。これまで「HACK TO THE FUTURE」はユース企画とともに、予選・本選いずれも制限時間8時間で1問の問題を解くマラソン形式のコンテストだったが、今回は初の取り組みとして予選は10日間(240時間)、本選は8時間で競う。長期の予選では、アルゴリズムを構成する力やプログラミングの正確さに加え、アプローチの評価や改善を計画的、継続的に行いながら戦い抜く力も試されるという。

尚、同コンテストは、AtCoderのオンラインシステムを利用するため、アカウントを持っていない人は、AtCoderのサイトの「新規登録」からアカウントを開設する必要がある。

開催概要

【予選】
開催期間:11月3日(水)19:00〜11月13日(土)19:00
※期間内であれば途中からの参加も可能。
参加要件:年齢性別は問わない
実施形式:オンライン
参加方法:AtCoderにログインし、事前にコンテストページ「HACK TO THE FUTURE 2022予選」から「参加登録」ボタンを押して参加登録を行うと開始時刻に問題が公開される。
【本選】
開催日時:12月18日(土)10:30〜18:30
プログラム:プログラミングコンテスト(8時間)、表彰式、懇親会(任意)
実施形式:オンライン
参加資格:「HACK TO THE FUTURE 2022」本選に出場する40人を除く、18歳以下(2003年4月2日以降生まれ)の人を対象とし、成績上位10人と全国6ブロック(北海道東北、関東、中部、近畿、中国四国、九州沖縄)の上位各1人の合計16人を「HACK TO THE FUTURE 2022 for Youth」の本選出場者とする。

詳細・申込

関連URL

AtCoder

フューチャー イノベーション フォーラム

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス