1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE 2021 for Youth」本選開催

2020年12月25日

プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE 2021 for Youth」本選開催

フューチャー イノベーション フォーラム(FIF)は24日、競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE 2021 for Youth」の本選を、今月12日オンラインで開催したと発表した。


同コンテストは、フューチャーグループが2018年から開催しているオンライン競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE」の中で実施する18歳以下のユース世代のための特別企画。

昨年に続き2回目の開催となる今回は、一般枠を含め1394名のエントリーがあり、うち約90名のユースが参戦した。11月7日に開催の予選で選ばれた成績上位10名と、全国6ブロックの各1位の計16名が本選出場を獲得。本選では、一般枠の予選通過者40名とともに、制限時間8時間で、プログラミングの正確さやアルゴリズムを構成する力、問題の本質を見極めて論理的に解決する思考力を競った。また、競技終了後はオンライン懇親会を開催し、交流を深めた。

関連URL

FIF事務局

フューチャー

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス