1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. MAMORIO、東大生協で紛失保険付きデバイスを販売

2018年7月18日

MAMORIO、東大生協で紛失保険付きデバイスを販売

MAMORIOは17日、世界最小クラスの紛失防止IoTデバイス「MAMORIO」に紛失保険「あんしんプラン」を付帯し、東京大学消費生活協同組合本郷第一購買部で販売すると発表した。

d22173-83-826842-0同時に、同社の専用アンテナ「MAMORIO Spot」を活用した「お忘れ物自動通知サービス」を大学生協として初めて、同購買部に設置。「MAMORIO」利用者の忘れ物が東大生協に届けられると速やかに発見情報を知らせ、安心して大学生活を送れる環境を提供していく。

このサービスは、「MAMORIO」を鍵やカバンなどの身の回り品に付けておき、その物品が紛失してしまった際に、「MAMORIO Spot」が設置されている駅や商業施設などの忘れ物センターに届けられると、「MAMORIO」の電波を受信し、忘れ物が発見された位置情報を持ち主のスマートフォンに通知するというもの。

すでに多くの大手鉄道や商業施設などに導入実績があり、2018年6月現在で鉄道15社98路線、バス4社308路線で「MAMORIO」が付いた忘れ物を発見する確率を高めている。

「あんしんプラン」は、登録した「MAMORIO」本体それぞれに対して、スマートfんから簡単操作で申し込みをするだけで、紛失時の自動クラウドトラッキングモードの適用・捜索支援のカスタマーサポートが提供されるサービス。

料金は、1デバイスにつき、年間1000円(税別)。対象物は、「あんしんプラン」加入時点で、購入日から5年以内の財布、カバン、鍵、電化製品(モバイル通信機能を備えるスマートフォン、タブレット端末を除く)。最大補償金額は財布3万円、鍵2万円、カバン2万円、電化製品2万円となっている。

関連URL

MAMORIO

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス