1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スキャネット、手書き文字の自動認識採点が可能な「デジらく採点2」6月発売

2018年5月28日

スキャネット、手書き文字の自動認識採点が可能な「デジらく採点2」6月発売

スキャナで読み取り可能なマークシートを開発・販売しているスキャネットは、AI技術の活用により、手書き文字の自動認識採点が可能な新製品「デジらく採点2」を開発、6月5日から提供を開始する。

新製品「デジらく採点2」は、1文字の手書き文字を自動で認識し、採点する機能がある。具体的には、選択設問にある複数の解答から選び、カタカナやアルファベット、数字の1文字で記入する設問を、自動で採点することができるようになる。また、解答欄に、解答の文字以外の汚れや鉛筆で書いた線などがあっても、それを読み込まずに解答の文字のみを読み取って、正誤判定を行う。

さらに、解答用紙をスキャンした際に、文字が歪んだり、解答の枠外に解答がはみ出ている場合や、文字が薄い場合でも、解答の正誤判定を正確に行うことができる。採点した結果は、データとして保管されるため、採点結果の分析も容易に行うことができる。

従来の製品では、手書き文字の正誤判定および採点は、採点者が手作業で行わざるをえなかったが、「デジらく採点2」を使用することでこれらの作業が自動化され、採点者の作業を従来と比較して20~30倍と大幅に効率化することができるという。

また、精度の高い画像認識・処理技術を活用していることから、採点の誤りを防ぐことができる。これにより試験の採点作業の自宅への持ち帰りなど、昨今、問題視されている教員の業務負担を大きく軽減、校務の効率化をサポートし、教育現場における働き方改革に貢献することができる。

「デジらく採点2」は、インターネットを通じてダウンロードすることが可能なソフトウェアと所定のマークシート用紙を購入することで利用することができる。

スキャネットは、全国で約800校の大学、約870校の高校の他、中学校、専門学校、企業などで利用されており、利用者は全国で1万5000人以上だという。

関連URL

スキャネット

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
CASIO 「カシオのプロジェクターで生徒とのシンクロ率が向上しました」 栄光ゼミナール 目白校 阿部先生
EPSON プログラミングやリスニング用ディスクなどを複数枚作るなら ディスクをカンタンに作成できる ディスク デュプリケーター
EDIX関西2018 出展社特集 掲載記事募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス