1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. リベルダージ、「IoTとしてのドローン」学べるライセンススクール

2018年5月7日

リベルダージ、「IoTとしてのドローン」学べるライセンススクール

リベルダージは、国土交通省航空局が認定するドローン管理団体「無人航空機操縦士養成協会」(DPTA)に所属し、ドローンの飛行許可申請に必要な技能証明書を発行するライセンススクールを大阪・広島・東京で展開している。

d33099-2-493299-0ドローンライセンスは、主に同航空局から認定を受けた管理団体(国内に15団体)に所属する講習団体が発行する技能証明書。これがあると、同航空局で飛行許可申請を取る際に大きく有利になるという。

技能証明書の取得には「学科」と「実技」を学んだ上で、試験の結果で認定される。「実技」はドローンの基本的な操作を確実に行えるかが問われるもので、「学科」はドローンに関連する概論、航空法などの法制度、運用方法、気象などの知識が習得できているかが問われる。

DPTAは、もともと大手航空会社の旅客機パイロットが操縦士育成で使っていたカリキュラムをベースに作成したもの。他の団体の無人航空機向けのカリキュラムに対して、有人航空機という自身の命がかかった場面でも確実に操縦できるだけの知識と技能を得られるカリキュラムになっている。

しかし、いずれの団体のカリキュラムも既存の航空機をベースとした内容で、「IoTとしてのドローン」については触れられていないという。

そこで、リベルダージは「IoTとしてのドローン」に関して安心・安全に運行していくための道標となるべく今年3月に創業。DPTA指定のカリキュラムに加えて、ビジネスでの活用方法に応じて「IoTとしてのドローン」の概論や運用方法についてもレクチャーする時間を追加している。

関連URL

リベルダージ

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録