1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 大阪経済大、アプリで留学生支援する「エアリーキャンパス」導入

2018年5月9日

大阪経済大、アプリで留学生支援する「エアリーキャンパス」導入

EDGEは8日、同社が運営する大学キャリア支援システム「エアリーキャンパス」が、大阪経済大学に採用されたことを明らかにした。

大学キャリア支援システム【エアリー】画面イメージ

大学キャリア支援システム【エアリー】画面イメージ

大阪経済大学では留学や語学研修などのプログラムを整備して国際交流に力を入れており、2017年度には約120人の学生を海外留学・研修へ派遣するとともに、約90人の外国人留学生を受け入れている。今回導入する「エアリー」は、今年5月から在学中の外国人留学生を対象に運用を始め、8月からは各国へ派遣する日本人留学生を対象とした利用を開始する。

学生は「エアリー」に登録することで、スマートフォンから手軽にサイト上での会話を楽しめ、リアルタイムでのコミュニケーションが可能となる。これによって、海外に滞在する日本人留学生の孤立を予防するのみならず、他の日本人留学生とのやりとりを通して、さまざまな留学体験を共有することもできる。

大学からの連絡事項では、スマートフォンへのプッシュ通知に加えて、未読・既読など学生の状況を見える化し、「エアリー」で一元管理することができる。管理画面から24時間確認ができ、初期安否確認をはじめとした見守り機能を担うほか、留学先から大学への書類提出や危機管理情報の呼びかけなどにも活用できる。

大阪経済大学では、この取り組みにより学生や保護者が安心できる環境作りを行い、異なる文化・価値観に触れて幅広い視野を身につけることができる海外留学の推進に努めていきたいとしている。またEDGEは、全国の大学へ同システムの販売を加速し、今年末までに30校への提供を目標としている。

関連URL

大学キャリア支援システム「エアリー」

大阪経済大学

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス