1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. paiza、スキルチェック総受験数100万回記念キャンペーンを開催

2018年6月7日

paiza、スキルチェック総受験数100万回記念キャンペーンを開催

ギノは、同社が運営するITエンジニア向け総合求職・学習サービス「paiza (パイザ)」において、プログラミングスキルチェックが6月中に累計100万受験を突破する見込みとなったことを発表した。これを記念して6日、100万受験突破記念キャンペーンを開始した。

0607-pz同社が運営する「paiza転職」「paiza新卒」は、プログラミングスキルが高ければ高いほど仕事探しが有利になる転職・就職サービス。各求職者には、プログラミング能力を測るためのスキルチェック問題に挑戦し、問題文の条件を満たすように実際に動くプログラムを書いてもらう仕組みになっている。

問題は5分程度で取り組める超初級者向けから、平均解答時間が約2時間になる超上級者向けまで幅広く用意され、パソコンとインターネット環境があれば、いつでも好きな時に好きな問題に挑戦できる。また、問題は14の開発言語に対応しており、自分の得意な言語で解答することができる。

解答すると、選んだ問題の難易度と解答結果に基づいて6段階のスキルランキングを認定。各求人票には応募に必要なスキルランクが設定されていて、それをクリアしていれば書類選考不要で面接に進むことができる。

2013年にスタートして以来、paizaは順調に会員数を伸ばしてきており、プログラミングスキルチェック受験数も右肩上がりで伸びて、今年5月末時点で累計98万回を突破し、今月中に100万回を超える見込みという。

記念キャンペーンでは、プログラミングスキルチェックの累計100万受験目の人に「ジャスト賞」としてAmazonギフト券3万円分をプレゼントするほか、「ニアピン賞」として100万1受験目の人や、キャンペーン期間中にスキルチェックに挑戦してツイートしてくれた人の中から抽選で20名にギフト券をプレゼントする。

関連URL

paiza

キャンペーンの詳細

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! 無料体験版はこちら CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録