1. トップ
  2. データ・資料
  3. paiza、「40歳以上のITエンジニアの転職動向調査」を発表 40歳以上の需要が上昇

2022年1月26日

paiza、「40歳以上のITエンジニアの転職動向調査」を発表 40歳以上の需要が上昇

paizaは24日、「40歳以上のITエンジニアの転職動向調査」の結果を発表した。


ITエンジニアは、「35歳定年説」が久しく語られ、その要因は、「体力問題(長時間残業や徹夜業務の存在)」や「キャリアパス(管理職以外のパスがない)」などがよく挙げられる。そこで同社は、「paiza転職」に登録する40歳以上のITエンジニアの転職動向について調査した。

「paiza転職」を利用して企業に応募した40歳以上の割合は、8年間で2倍程度に増加。採用された人は、2013年はゼロだったが、右肩上がりに増加し2021年には16.4%。

年代別の年収構成比では、2019年から2021年までの3年間に採用された40代以上のエンジニアの16.7%の年収が700万円以上で、20代(1.5%)、30代(10%)よりも評価されていることがわかる。


転職したエンジニアは、40代以上の特徴としては、A.I.、機械学習、画像解析など将来的な商業化に向けての基礎研究を行う「研究開発」(21.4%)やプロジェクトマネジメント(57.1%)、マネジメント(51.8%)経験者が30代と比べて2倍以上。

「マネジメント経験」については、2019年から2021年までの3年間に採用された40歳以上のITエンジニアのうち、マネジメント経験が3年以上ある人は、3年未満の人と比べて年収700万円以上の割合が1.6倍高い。

paizaはITエンジニア向け転職・就職・学習プラットフォーム。オンラインでプログラミングテスト「paizaスキルチェック」を受験してスキルを証明し、転職・就職する。「paiza転職」は、ITエンジニアの”スキルを可視化”し、実力重視で企業とマッチングするITエンジニア向け転職サービス。

関連URL

paiza転職

paiza

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス