1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. TENTO、Scratch講師育成研修を8月から開催

2018年6月11日

TENTO、Scratch講師育成研修を8月から開催

子ども向けプログラミングスクールを展開するTENTOは、8月6日から「TENTO認定子ども向けプログラミング講師研修 Scratch編」を開催する。

0611-tnt首都圏を中心に全国で教室が増加中であることや、目前に迫る小学校での必修化など、プログラミング講師育成の課題に対応するもの。Scratchは世界でも広く子ども向けのプログラミング学習のツールとして活用されており、日本でもその中心的存在となっている。

子ども向けプログラミング教育の先駆者であるTENTO講師陣が解説し、講義と試験の二段階制で講師認定を行う。インプレスカレッジ(インプレスが運営するユーザー参加型のネット動画学習サービス)のプラットフォームを利用し通学とネットライブ方式のハイブリッド講座を開講(オンライン受講が可能なのは講義のみ)する。

Scratchは、MIT(マサチューセッツ工科大学)のメディアラボのライフロングキンダーガーテングループのプロジェクトで、無償で提供されているScratchは、8歳から16歳向けに作られており、世界中のNPOや学校、企業等で子ども向けのプログラミング学習のツールとして活用されている。

開催概要

研修名:Scratch講師育成研修
開催日時:[講義]8月6日(月)、[試験]8月20日(月)(以降随時開催予定)
開催場所:
<通学講座会場>インプレスセミナールーム[東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング23階]
<オンライン受講>インプレスカレッジ
講師:倉本大資(TENTO)、澤田千代子(TENTO)ほか
受講費用:[講義]5万円、[試験]5万円

詳細・申込(6月中旬受付開始)

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス