1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. TENTO、Scratch講師育成研修を8月から開催

2018年6月11日

TENTO、Scratch講師育成研修を8月から開催

子ども向けプログラミングスクールを展開するTENTOは、8月6日から「TENTO認定子ども向けプログラミング講師研修 Scratch編」を開催する。

0611-tnt首都圏を中心に全国で教室が増加中であることや、目前に迫る小学校での必修化など、プログラミング講師育成の課題に対応するもの。Scratchは世界でも広く子ども向けのプログラミング学習のツールとして活用されており、日本でもその中心的存在となっている。

子ども向けプログラミング教育の先駆者であるTENTO講師陣が解説し、講義と試験の二段階制で講師認定を行う。インプレスカレッジ(インプレスが運営するユーザー参加型のネット動画学習サービス)のプラットフォームを利用し通学とネットライブ方式のハイブリッド講座を開講(オンライン受講が可能なのは講義のみ)する。

Scratchは、MIT(マサチューセッツ工科大学)のメディアラボのライフロングキンダーガーテングループのプロジェクトで、無償で提供されているScratchは、8歳から16歳向けに作られており、世界中のNPOや学校、企業等で子ども向けのプログラミング学習のツールとして活用されている。

開催概要

研修名:Scratch講師育成研修
開催日時:[講義]8月6日(月)、[試験]8月20日(月)(以降随時開催予定)
開催場所:
<通学講座会場>インプレスセミナールーム[東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング23階]
<オンライン受講>インプレスカレッジ
講師:倉本大資(TENTO)、澤田千代子(TENTO)ほか
受講費用:[講義]5万円、[試験]5万円

詳細・申込(6月中旬受付開始)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワーク用パソコンのセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • turnitin 無料eBook配布中 「アカデミック・インテグリティとは? その役割と重要性について」 無料ダウンロード
  • オンライン受検実施 AI検定 公開試験日 2021年8月1日(日) 情報処理能力認定委員会 サーティファイ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス