1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 楽天、電子図書館サービス「Rakuten OverDrive」大阪市と協定締結

2018年6月26日

楽天、電子図書館サービス「Rakuten OverDrive」大阪市と協定締結

楽天は25日、大阪市教育委員会と、楽天グループが展開する電子図書館サービス「Rakuten OverDrive」に関する協定を締結した。

協定に伴い、大阪市は「Rakuten OverDrive」電子図書館サービスを今年7月2日から2020年5月31日まで試験的に導入する。国内市町村の公共図書館における導入としては13例目になるという。

導入により、大阪市の図書館カードを持っている人は、各市立図書館 (西区の中央図書館および西区以外の各区の地域図書館、計24館) の窓口で、「Rakuten OverDrive」専用のIDとパスワードを受け取ることで、手持ちのタブレットやスマートフォン、パソコンから時間や場所を問わず「Rakuten OverDrive」の電子図書コンテンツが借りられるようになる。

「Rakuten OverDrive」は160万点以上の海外コンテンツを取り揃えており、豊富な外国語コンテンツを特長としている。大阪市は今回の導入の目的を、ICTを活用した読書習慣の醸成・普及と英語学習に資することと位置づけており、音声読み上げ機能「Read-Along」が付いている約150点の図書を含む、英語の絵本や児童書約400点の電子図書を導入する。

「Rakuten OverDrive」で提供する音声読み上げ機能付きの図書は、出版社がキャスティングしたプロのナレーターの録音によるもので、読まれている箇所にハイライトが付くため、ネイティブの英語を耳で聴きながら読書ができ、英語学習に大いに役立つことが期待される。

今後は市民のニーズを見ながら、試験導入期間中に図書数を2000点程度まで増やすことを予定している。また、サービス開始に伴い、「Rakuten OverDrive」の使い方が体験できる市民向けの入門講座を7月22日に実施する。

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 新学習指導要領対応!チエル クラウド型デジタル教材 基礎・基本 国語検定
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録