1. トップ
  2. 学校・団体
  3. N高生、日本マイクロソフトの協力でアプリ開発に挑戦

2018年7月17日

N高生、日本マイクロソフトの協力でアプリ開発に挑戦

角川ドワンゴ学園「N高等学校」は13日、日本マイクロソフト品川本社で実施した「Microsoft HoloLens用アプリを開発するプログラミングイベント」の成果をまとめ公表した。

000

同イベントは、日本マイクロソフトのテクニカルエバンジェリストとドワンゴのMR(Mixed Reality/複合現実)エンジニアの技術支援のもと、7月2~6日の5日間行われた。

日本マイクロソフト高橋忍氏を含む3人とドワンゴの先端演出技術開発セクションから岩城進之介氏を含む3人が、N高生のサポート役として参加。与えられた時間内で成果やアイデアを競い合う形で、チーム開発が行われた。

N高で使われている学習アプリ「N予備校」と現実の空間でデジタルコンテンツを操作・展開できる「Microsoft HoloLens」を組み合わせて「未来の授業スタイル」を実現するアプリを作ることを目標にして取り組んだ。

参加した9人の生徒は、日本マイクロソフト・テクニカルエバンジェリストの高橋氏が執筆した「Windows Mixed Realityアプリ開発入門」を教材に、Unityプログラミングを事前学習してきた。

アプリの開発は2チームに分かれて実施。初日には、N予備校アプリをHoloLensで使用するにあたっての課題や工夫すべき点を抽出し、盛り込みたい機能の実装など解決に向けたアプローチを考察した。

その後は日本マイクロソフトとドワンゴのエンジニアにもサポートを仰ぎながら、最終日までに与えられた時間を使ってチームごとの開発に取り組んだ。

関連URL

N高等学校

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス