1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 日本初開催のカンファレンス「Scratch 2018 Tokyo」、開発者も来日

2018年8月10日

日本初開催のカンファレンス「Scratch 2018 Tokyo」、開発者も来日

Scratch 2018 Tokyo 実行委員会は、Scratchの開発者ミッチェル・レズニック教授を招いて、日本初のカンファレンス「Scratch 2018 Tokyo」を、10月20日に東京・アカデミーヒルズで開催する。事前登録制で参加費は無料。

MITメディアラボ ライフロング キンダーガーテン グループが2006年に公開したScratchは、世界で約3000万人、日本で約30万人の登録者を数え、TV番組でも取り上げられるなど、最もよく使われている教育用のプログラミング環境のひとつ。

その一方で、具体的なカリキュラムの組み立て方や、教科との関連付けをどのようにすればよいのかという声も聞かれるほか、Scratchがなぜ作られたのか、何を目指しているのかについて必ずしも理解されていない面もあるという。

そこで、Scratchの開発者ミッチェル・レズニック教授を招いて、日本初のScratchに関するカンファレンスの開催に至ったという。

また「Scratch 2018 Tokyo」では、口頭発表(発表時間20分・質疑応答10分)、ショート・プレゼンテーション(発表時間5分)、ポスター・デモ 、ワークショップの4区分での発表者も募集している。エントリー締切りは8月31日まで。審査結果は9月中旬。

「Scratch 2018 Tokyo」の具体的な内容やスケジュール、参加方法などは近日中に公開予定。

関連URL

Scratch 2018 Tokyo

発表者エントリー

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想 文科省標準仕様に対応した MDM
  • BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス