1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. COMPASS、課題解決の体験を重視したSTEAM教育のプログラムを提供

2018年8月24日

COMPASS、課題解決の体験を重視したSTEAM教育のプログラムを提供

COMPASSは23日、子どもたちの「未来を生き抜く力」を育てる教育を「未来教育」と称して、課題解決の体験を重視するSTEAM教育をベースとした教育プログラムを開発、提供していくことを発表した。

d24557-18-319842-0「未来教育」では、課題解決の体験を重視したSTEAM教育を通じて、目の前の社会課題を自ら解決できる人材を育てていく。まずは身の回りの課題を自分の力で解決することから始め、小さな成功体験を重ねることで自信と原体験を培っていく。また、STEAMをベースに、プログラミングだけでなく、多種多様な最先端のテクノロジーを課題の解決手段として使うことで、さらに大きな社会課題に対峙した際の選択肢を拡げていく。

具体的な「未来教育」プログラムの展開としては、直営塾QubenaAcademyにおけるSTEAM教育コース (最新テクノロジーワークショップ) の開講、公教育向けSTEAM教育の提供、FC教室QubenaRoomへのSTEAM教育コースの展開、学習塾・予備校向けSTEAM教育の提供、家庭向けSTEAM教育の開発・提供、教育メディアでの未来教育の発信などを予定している。

QubenaAcademy STEAM教育コースでは、QubenaAcademy目黒校において、小学3年生~中学3年生を対象に、遊びを通してプログラミング的思考とテクノロジーソリューションを学び、それらを使って自分の身近な問題を解決するアイデア制作を行う、全12回のコースを開講する。

また、公教育向けSTEAM教育の提供では、東京都千代田区立麹町中学校の1、2年生を対象に9月~来年2月まで、教科学習 (数学) において同社のAI型タブレット教材「Qubena」を活用し、アダプティブラーニングを授業に導入。学習の効率化によって捻出された時間を使い、教科学習時間内で最先端のテクノロジー (ドローン、VR、3Dプリンタなど) を使ったSTEAM教育を実施する。

関連URL

QubenaAcademy STEAM教育コース

KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ロボットとならはずかしくない!間違えたって英語で話そう!英会話ロボットはチャーピー Charpy
教育ICT 大規模導入!in 熊本市 NTT DOCOMO
早期お申込がおトク!2019年新人・新卒者研修 春の先得キャンペーン KENスクール 法人研修サービス
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 大型提示装置の活用が“ぐん”と広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス