1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. COMPASS、課題解決の体験を重視したSTEAM教育のプログラムを提供

2018年8月24日

COMPASS、課題解決の体験を重視したSTEAM教育のプログラムを提供

COMPASSは23日、子どもたちの「未来を生き抜く力」を育てる教育を「未来教育」と称して、課題解決の体験を重視するSTEAM教育をベースとした教育プログラムを開発、提供していくことを発表した。

d24557-18-319842-0「未来教育」では、課題解決の体験を重視したSTEAM教育を通じて、目の前の社会課題を自ら解決できる人材を育てていく。まずは身の回りの課題を自分の力で解決することから始め、小さな成功体験を重ねることで自信と原体験を培っていく。また、STEAMをベースに、プログラミングだけでなく、多種多様な最先端のテクノロジーを課題の解決手段として使うことで、さらに大きな社会課題に対峙した際の選択肢を拡げていく。

具体的な「未来教育」プログラムの展開としては、直営塾QubenaAcademyにおけるSTEAM教育コース (最新テクノロジーワークショップ) の開講、公教育向けSTEAM教育の提供、FC教室QubenaRoomへのSTEAM教育コースの展開、学習塾・予備校向けSTEAM教育の提供、家庭向けSTEAM教育の開発・提供、教育メディアでの未来教育の発信などを予定している。

QubenaAcademy STEAM教育コースでは、QubenaAcademy目黒校において、小学3年生~中学3年生を対象に、遊びを通してプログラミング的思考とテクノロジーソリューションを学び、それらを使って自分の身近な問題を解決するアイデア制作を行う、全12回のコースを開講する。

また、公教育向けSTEAM教育の提供では、東京都千代田区立麹町中学校の1、2年生を対象に9月~来年2月まで、教科学習 (数学) において同社のAI型タブレット教材「Qubena」を活用し、アダプティブラーニングを授業に導入。学習の効率化によって捻出された時間を使い、教科学習時間内で最先端のテクノロジー (ドローン、VR、3Dプリンタなど) を使ったSTEAM教育を実施する。

関連URL

QubenaAcademy STEAM教育コース

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス