1. トップ
  2. 学校・団体
  3. ルネサンス大阪高のeスポーツ授業で「シャドウバース」採用

2018年8月27日

ルネサンス大阪高のeスポーツ授業で「シャドウバース」採用

ルネサンス・アカデミーは24日、CygamesのデジタルTCG (Trading Card Game) である「シャドウバース (Shadowverse)」を、同社が運営するルネサンス大阪高等学校のeスポーツの授業の教材として採用したことを明らかにした。

LL_img_164189_1「シャドウバース」は対戦型ゲームのため、主観・客観視点での検討会などグループワークを行うことができ、ディベート力およびコミュニケーション力を高められること、対戦中・対戦前に求められる勝つための強いメンタル力が身につくこと、デッキ (40枚) に対して特定のカード (0枚~3枚) を引く確率を計算し判断する能力が養われること、などの効果を見込んでいる。

さらに、「全国高校生シャドバ甲子園」など、自分の腕を試せる機会がある「シャドウバース」を授業に採用することで、生徒のモチベーションアップにもつなげていきたいとしている。

関連URL

Cygames

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 探求学習 すらら×札幌新陽高校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス