1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「ネットワークの見える化」に対応、ヤマハ スマートL2スイッチ10月発売

2018年9月20日

「ネットワークの見える化」に対応、ヤマハ スマートL2スイッチ10月発売

ヤマハは、スマートL2スイッチ「SWX2200シリーズ」の後継として、「SWX2210-8G」「SWX2210-16G」「SWX2210-24G」を10月に発売する。本体価格はそれぞれ4万7000円、8万6000円、11万5000円 (いずれも税別)。

0920-ymh今回発売する3機種は、同社が2011年2月に発売した「SWX2200シリーズ」の後継となるスマートL2スイッチ。ルーター、L3スイッチやインテリジェントL2スイッチ (L2MSマスター) のWeb GUI機能である「LANマップ」によるスイッチの状態や端末の管理など、“ネットワークの見える化”に対応しており、小規模拠点のフロアスイッチとして活用できる。

さらに、「SWX2200シリーズ」ではスイッチ単体で設定を行うことができないため、L2MSマスターまたはアプリケーションから設定を行う必要があったが、「SWX2210シリーズ」では、新たにWeb GUIを搭載することで、単体で設定を行うことが可能になった。また、TELNETに対応し、管理も可能となった。

新発売の3機種は、SCSK主催「ヤマハ ネットワーク イノベーション フォーラム2018」に出展する。

関連URL

スイッチ製品情報

ヤマハ ネットワーク イノベーション フォーラム2018

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス