1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「ネットワークの見える化」に対応、ヤマハ スマートL2スイッチ10月発売

2018年9月20日

「ネットワークの見える化」に対応、ヤマハ スマートL2スイッチ10月発売

ヤマハは、スマートL2スイッチ「SWX2200シリーズ」の後継として、「SWX2210-8G」「SWX2210-16G」「SWX2210-24G」を10月に発売する。本体価格はそれぞれ4万7000円、8万6000円、11万5000円 (いずれも税別)。

0920-ymh今回発売する3機種は、同社が2011年2月に発売した「SWX2200シリーズ」の後継となるスマートL2スイッチ。ルーター、L3スイッチやインテリジェントL2スイッチ (L2MSマスター) のWeb GUI機能である「LANマップ」によるスイッチの状態や端末の管理など、“ネットワークの見える化”に対応しており、小規模拠点のフロアスイッチとして活用できる。

さらに、「SWX2200シリーズ」ではスイッチ単体で設定を行うことができないため、L2MSマスターまたはアプリケーションから設定を行う必要があったが、「SWX2210シリーズ」では、新たにWeb GUIを搭載することで、単体で設定を行うことが可能になった。また、TELNETに対応し、管理も可能となった。

新発売の3機種は、SCSK主催「ヤマハ ネットワーク イノベーション フォーラム2018」に出展する。

関連URL

スイッチ製品情報

ヤマハ ネットワーク イノベーション フォーラム2018

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス