1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 東大生が新しい勉強の方法を教えるプログラミング教室開催

2018年10月12日

東大生が新しい勉強の方法を教えるプログラミング教室開催

小学校プログラミング教育研究会 (CPEC) は、現役東大生がプログラミング教育を通して、小学生に新しい勉強の方法を教えるプログラミング教室「ロジ探Q」を、11月4日に東京大学本郷キャンパスで開催する。

教室では、現役東大生たちが監修した「東大式書き込みノート」を使いながら、センサー付きロボットプログラミングを通して、トライアルアンドエラーによる実験と検証を繰り返す科学的方法と、「順番を考える」「小さく分けて考える」「ルールを見つける」などの論理的思考の土台を定着させる授業を実施する。

プログラミング学習指導に児童心理学の要素を取り入れながら、これから先生になる教職課程の大学生も、プログラミングの考え方を子どもたちと一緒に学んでいくスクールだという。

開催概要

開催日時 : 11月4日 (日)
・午前の部9:30~12:00 障害物を避けて進む!初めてのロボット基礎コース
・午後の部13:45~16:15 センサーを使ったロボット発展コース
*初めての人は午前の部 (基礎コース) から
開催場所 : 東京大学本郷キャンパス 山上会館 [東京都文京区本郷7-3-1]
参加人数 : 午前午後とも先着8名
参加費 :
・午前午後半日コース 受講料8000円+ロボットレンタル2000円
・午前午後一日コース 受講料1万3000円+ロボットレンタル2000円 (いずれも税別)

詳細・申込

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス