1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 図書館や資料室など電子化するクラウド書棚「アスパラ シェルフ」

2018年10月16日

図書館や資料室など電子化するクラウド書棚「アスパラ シェルフ」

イーストとマイクロコンテンツは15日、本棚や図書室、資料室、図書館などの書籍、雑誌、論文、資料などを電子化し、クラウド書籍として「見慣れた背表紙ユーザインタフェース」で閲覧できるサービス「アスパラ シェルフ (asparashelf)」を開始すると発表した。

181015「アスパラ シェルフ」は、書籍のデジタル化から、書誌情報設定、表紙/裏表紙の登録、PC・スマートフォン・タブレットなどでいつでもどこでも閲覧可能なクラウド書棚の作成までをトータルに行うサービス。価格は1000冊以上一括の場合は1冊1800円から。

オプションで目次、索引の設定、裁断なしでのデジタル化、著作権処理代行なども行う。すでに2法人、1個人のプロジェクトが進行しており、個人については、全著作、論文、資料、蔵書など約3000点をデジタル化し、クラウド書棚に移行中であるという。

関連URL

アスパラ シェルフ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス