1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「全国学力・学習状況調査」にも使いやすい環境復元ソフト

2018年10月25日

「全国学力・学習状況調査」にも使いやすい環境復元ソフト

コンピュータエデュケーションシステムは、同社が提供する、最新の環境を保つことができるソフトウェア「Virtual Recoveryver.2」について、「全国学力・学習状況調査」実施での利便性を発表した。

文部科学省が発表の「平成31年度全国学力・学習状況調査」において、2019年4月18日に実施予定の中学校英語「話すこと」調査では、各学校のコンピュータ室などのPC端末、配布するUSBヘッドセットおよびUSBメモリを活用し、音声録音方式により一学級同時に行われる。

運用では「前日にインストール」、実施後「翌日までにアンインストール」が義務付けられており、たとえば、1学級40人の場合、40台のPCに実施前日にソフトウェアをインストールし、実施後翌日までにはアンインストールしなければならず、時間や人員が必要となることが予想されるという。

従来の環境復元ソフトを使用した場合、1台1台の保護を解除し、調査プログラムをダウンロード。再度1台ずつ保護をかけ直し、試験終了後、1台ずつ保護を解除。1台1台ソフトウェアをアンインストールし、もう一度、1台ずつ保護をかけ直すといった必要がある。

同社の「Virtual Recoveryver.2」を使用した運用の場合、マスターPCに調査プログラムをダウンロードし、「簡単更新ボタン」で全台に自動で適用できる。また、試験終了後はロールバックでプログラムをインストール前に全台一括で戻すことができるという。

同社では、「全国学力・学習状況調査」実施での不安解消にしてほしいとしている。

関連URL

Virtual Recovery ver.2

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
プログラミングの基本が楽しく身につく、toio(TM)の特別ワークショップ資料公開! お得なセット新登場!!
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 札幌新陽高校 すらら×探求学習
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス