1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 内田洋行、文科省CBTシステム「MEXCBT」と接続する学習eポータル「L-Gate」機能拡充

2022年9月20日

内田洋行、文科省CBTシステム「MEXCBT」と接続する学習eポータル「L-Gate」機能拡充

内田洋行は15日、「令和5年度全国学力・学習状況調査」にて活用が計画されている文部科学省CBTシステム「MEXCBT(メクビット)」に対応した、学習eポータル「L-Gate」に新たな機能を拡充したと発表した。

「令和5年度全国学力・学習状況調査」では、中学校3年生英語の「話すこと」調査をオンライン方式で実施することが計画されている。「話すこと」調査は、文部科学省が提供するCBTシステム「MEXCBT」を活用し、GIGAスクール構想によって整備された児童・生徒それぞれ1人1台の端末から高速ネットワークを介して実施される。実施にあたっては「MEXCBT」に対応した学習eポータルの導入が必要となる。

内田洋行は「MEXCBT」に対応した学習eポータル「L-Gate」を、昨年から全国の自治体へ提供。「L-Gate」は2022年9月現在、教育委員会・学校法人約500団体の約6000校に導入され、約230万アカウントに活用が拡がっている。

現在、学校現場のアカウント管理は、様々なデジタルコンテンツ・ツールのアカウントがそれぞれ存在しており、突合作業や重複チェックが発生し、教育委員会や学校現場の大きな負担になっている場面が随所に見受けられる。特に、児童・生徒の年度切り替え時(入学、進級、卒業)には、アカウント情報の修正や設定変更を行う年次更新作業が発生し、学校現場では維持管理に大きな負荷が生じている。

「L-Gate」は、2021年からIMS国際技術標準「OneRosterR(ワンロースター)」に準拠した名簿連携機能の提供をしており、年次更新の作業負荷の軽減や新学期のスムーズなスタートを実現。また、このようなデータ連携基盤は今後の教育データ活用や分析にも発展していく。これらの貢献が認められ、「1Ed Tech Consortium」主催のLearning Impact Awards 2022を、「L-Gate」が日本で初受賞した。

「L-Gate」は、管理画面上の簡単な操作で、「MEXCBT」から提供される学習課題を域内の全学校に一斉に配信する「一斉配信機能」を備えている。令和5年度全国学力・学習状況調査の中学校3年生英語「話すこと」調査実施時にも、同機能により調査問題を学校に手間なく配信し、調査を円滑に進めることができる。

また、「デジタル・エコシステム」の実現のため、「L-Gate」は各社が開発するデジタルコンテンツ・ツールとの連携を広く行っている。2022年9月現在、授業や学習にてすぐに使える15団体29の有償・無償コンテンツと連携しており、今後も増やしていく予定。

関連URL

「L-Gate」

内田洋行

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス