1. トップ
  2. データ・資料
  3. コエテコby GMO、「プログラミング教育と学習に関する調査」を実施

2018年10月29日

コエテコby GMO、「プログラミング教育と学習に関する調査」を実施

プログラミング教育メディア「コエテコby GMO」は、小学生の子どもを持つ保護者と、プログラミングスクールに通う小学生の保護者を対象に、「プログラミング教育と学習に関する調査」を実施し、26日その結果を発表した。

d136-2475-150708-0それによると、2020年に小学校でプログラミング教育が必修化されることへの認知度は約半数にとどまり、7カ月前の調査からほぼ変わらなかった。また、大学入学共通テストへの「情報」科目の導入検討については、保護者の7割超が「知らない」と回答し、まだ小学生の子どもを持つ保護者の間では認知度の低いことが分かった。

次いで、子どもの習い事を訊ねたところ、「水泳」が28.2%で最多となり、「学習塾」「ピアノ」「英会話」と続いたが、「何もやっていない」という子どもも2割を超えた。また、習い事を始めたきっかけは、「知人・友人が通っている」36.3%と、知り合いが通っていることをきっかけに習い事を始める子どもが多いことが分かった。

保護者に子どもの算数・理科の好き嫌い (保護者の所見) を5段階で訊ねて平均を出したところ、「算数の好き嫌い」については、一般の小学生の場合が平均3.42、プログラミングスクール生が平均3.92となって、プログラミングスクール生の方が算数を好きな傾向にあることが窺えた。また「理科の好き嫌い」については、一般の小学生が平均3.46、プログラミングスクール生が平均4.26となり、算数と同様、プログラミングスクール生の方が理科を好きな傾向にあった。さらに、プログラミングスクール生は「とても好き」50.7%と「好き」29.1%を合わせると約8割に上り、算数以上に理科を好きな子どもが多いことも分かった。

子どもの学校の算数・理科のテストの点数について訊ねたところ、算数は、一般の小学生が平均81.1点、プログラミングスクール生が平均90.6点となった。とくにプログラミングスクール生は「90点以上」が7割を超えており、一般の小学生の割合を30ポイント以上も上回った。

理科のテストの点数についても、一般の小学生が平均78.0点、プログラミングスクール生が平均89.2点となり、プログラミングスクール生の「90点以上」は63.9%となって、一般の小学生の割合を35ポイント以上超えた。

関連URL

調査の詳細

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス