1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. エクシードと東京学芸大こども未来研究所、STEM教育プログラム共同提供

2018年10月2日

エクシードと東京学芸大こども未来研究所、STEM教育プログラム共同提供

エクシードは2日、東京学芸大こども未来研究所と、「ものづくり×プログラミング」の体験的STEM教育プログラムを共同提供すると発表した。

同社が、通学の講座として、全国でFC展開しているプログラミング教室「Tech for elementary」で、今年12月から順次開講していく。

この講座は、同研究所が研究開発している「STEM 未来メソッド」による教育方式に基づいて開発した新しい学習プログラム。

台湾で普及している Gigoブロックを教材として活用し、現代の子どもたちに不足しがちなハンズオンの実践を通して科学的な思考法と創造力を身に付け、またプログラミングで動きをつけながら論理的に考える力を育む。

今回のSTEM教育プログラムは、「ものづくり×プログラミング」による創造的な問題解決の学習を通して、理科や算数・数学、技術(情報を含む)などを統合的に捉える STEMの視点と、問題を発見し解決する姿勢や自ら学びに向かう意欲を育てる。

STEMの視点に立つことで、学校で学ぶ知識をより確かなものにするとともに、将来の大学での学びをも見据えた理数を探究、活用する素地を育成。

さらには、プログラミングなどを活用して新しいものやしくみ創り出すエンジニアリングの活動(創造的な問題解決の学習)を通して、自分が科学技術や社会とどう関わりをもっていくのかを自ら思考できる児童・生徒を育てることを目指すという。

関連URL

Tech for elementary

東京学芸大こども未来研究所

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス