1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プログラミング教育指導者養成講座「CodeEdu/」2018年度後期受講生を募集

2018年10月5日

プログラミング教育指導者養成講座「CodeEdu/」2018年度後期受講生を募集

キャスタリアは、プログラミング教育指導者養成講座「CodeEdu/」の第5期生 (2018年度後期受講生) の募集を5日から開始する。

d8167-38-335635-0「CodeEdu/」は、児童向けプログラミング教育に携わる人を対象とした指導者養成プログラム。

オンライン学習と全3回のスクーリングを通じて、プログラミング学習において重要な知識や概念、プログラミング技術およびその教育方法を習得する。また、児童向けのワークショップの企画から実施、分析までを含む演習を行い、実践力を育成する。

具体的な講義内容としては、プログラミング教育に関する現状と必要な概念などを学ぶ「プログラミング教育概論」、プログラミング技術の習得を行う「プログラミング入門」、プログラミング教育で使用する教材の開発方法などを学ぶ「プログラミング教材開発」、プログラミング教育の授業などを分析し、その評価方法を実践的に学ぶ「授業分析・評価」、特別な支援を必要とする児童への支援方法などを学ぶ「児童への対応方法」がある。

開催概要

開講期間 : 11月17日 (土) ~2019年2月28日 (木)
開催場所 :
・東京会場 市ヶ谷健保会館 [東京都新宿区市谷仲之町4-39]
・大阪会場 関西大学梅田キャンパス [大阪府大阪市北区鶴野町1-5]
参加条件 : 高校卒業以上
参加人数 : 各会場15名程度
参加費 : 受講費 一般2万9800円、学生4800円/教具費 (Ozobotなど) 6400円 (いずれも税別)
申込締切 : 11月16日 (金)

申 込:東京会場大阪会場

関連URL

CodeEdu/

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス