1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プログラミング教育指導者養成講座「CodeEdu/」、受講生を募集

2018年4月2日

プログラミング教育指導者養成講座「CodeEdu/」、受講生を募集

キャスタリアは、プログラミング教育指導者養成講座「CodeEdu/(コードエデュ)」の第4期生(2018年度前期受講生)の募集を、3月30日から行っている。

募集対象は高卒以上で、講義は全て日本語。スクーリング会場は東京、大阪、上越、長野の4カ所。また今回から新たに、愛媛大学社会共創学部で同学部生を対象に、卒業単位になる科目コンテンツとしても開講される。

「CodeEdu/」は、児童向けプログラミング教育に携わる人を対象とした、プログラミング教育指導者養成プログラム。

オンライン学習と、全3回のスクーリングを通じて、プログラミング教育の重要な知識や概念、プログラミング技術とその教育方法を習得する。また、児童向けワークショップの企画から実施、分析までを含む演習を行なうことで実践力を育成する。

具体的な講義内容は、プログラミング教育の現状と必要な概念を学ぶ「プログラミング教育概論」、プログラミング技術を習得する「プログラミング入門」、プログラミング教材の開発方法などを学ぶ「プログラミング教材開発」など。

会場は、東京(市ヶ谷健保会館)、大阪(関西大梅田キャンパス)、上越(上越公務員・情報ビジネス専門学校)、長野(ギークラボ長野)で、定員は各会場とも15人。

受講生の募集は3月30日~5月18日で、開講は5月19日~8月31日。受講費は一般2万9800円(税別)、学生4800円(税別)。ほかに教具費(Ozobotなど) 6400円(税別)が必要。

関連URL

「CodeEdu/」詳細・申込み

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス