1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「第3回子ども白熱会議」小学生パネリスト、高校生モデレーター選出

2018年10月5日

「第3回子ども白熱会議」小学生パネリスト、高校生モデレーター選出

日本コスモトピアは4日、日本の未来を担う子どもたちがグローバル社会で活躍することを目的とし14日に開催する「第3回子ども白熱会議」について、公募の中から小学生パネリストと高校生モデレーターを選出したと発表した。

昨年(2017年)の「第2回子ども白熱会議」の様子

昨年(2017年)の「第2回子ども白熱会議」の様子

モデレーターは10代の中学生・高校生・大学生の中から公募。審査の結果、17歳の高校生モデレーターを選出した。

「子ども白熱会議」は、未来を担う子どもたちが、自らの意見を積極的に表現して、議論を通して「共にアイデアを創る力」を養う学びの機会として、「未来をつくる教育フォーラム2018」内のプログラムとして開催する。

エントリーで応募した中から、事前審査を通過した、子どもパネリスト(小学3年~6年生)5人程度と、モデレーター(中学生以上の10代1人)が1つの議題について壇上で議論し、対話を通して問題解決能力の向上をはかる。

開催概要

開催日時:10月14日(日)14:15~15:30
開催場所:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターsola city Hall West[東京都千代田区神田駿河台4-6]
登壇者:小学生パネリスト5人、高3生モデレーター1人
参加料(同教育フォーラム):一般参加2000円、親子参加2000円(小学生以下2人まで)

詳細

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス