1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 10月開催「子ども白熱会議」のパネリストとモデレーターのエントリー受付

2018年8月3日

10月開催「子ども白熱会議」のパネリストとモデレーターのエントリー受付

日本コスモトピアは2日、日本の未来を担う子どもたちがグローバル社会で活躍することを支援する「第3回子ども白熱会議」に出演する子どもパネリストとモデレーターのエントリー受付を開始した。

「第3回子ども白熱会議」は10月14日開催にする。

昨年の「第2回子ども白熱会議」の様子

昨年の「第2回子ども白熱会議」の様子

子どもパネリスト(5人程度)は、壇上での会議の参加者となって、積極的に意見を出し他の子どもパネリストと共に議論する。小学3年生~6年生が対象で、「未来をつくる教育フォーラム2018」開催当日に会場に来られることが条件。子どもパネリスト本人と付添1人分の交通費を支援。

「気になる・どうにかしたい身近にある問題」というテーマにそって発表しているビデオ動画(2~3分)を見て審査する。内容がテーマにそったものになっているか、自分の意見を聞き手にわかりやすく伝えることができているかなどを基準にして、内容の創造性、独創性、表現力などから読みとることができる、「子ども白熱会議」への対応力を審査。

応募期間は9月7日まで。結果発表は9月20日(予定)。「参加賞」、「子どもパネリスト賞」が用意されている。

一方、モデレーター(1人)は、会議の進行役となって、パネリストの意見を引き出し会議全体の方向づけを行う。中学生以上の10代が対象で、開催当日に来場できることが条件。モデレーター本人の交通費を支援。

1次審査(記述選考)で応募動機などを記入。2次審査(オンライン面談)ではモデレーション実技などを実施。審査基準は、 子どもパネリストの「個」を尊重し、よく聴き、時に問いを整理しながら、会議を進めていく意思があるかどうかを見極める。応募期間は8月25日までで、結果発表は9月5日(予定)。

「第3回子ども白熱会議」開催概要

開催日時:10月14日(日)11:00~17:00
開催会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターsola city Hall West[東京都千代田区神田駿河台4-6]

詳細・申込

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
映像の撮影・編集・配信が3万円から!! Z-KAI
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス