1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. AIによる社会変化の可能性を考えるシンポジウム、10月開催

2017年9月19日

AIによる社会変化の可能性を考えるシンポジウム、10月開催

企業内技術⼠交流会は、科学技術分野での最⾼位の国家資格と評価される「技術⼠」の視点でAIの可能性を議論するシンポジウムを、芝浦⼯⼤豊洲キャンパスで、⼈⼯知能学会会⻑ら専⾨家を招いて10月13日に開催する。

技術⼠とは、「科学技術の向上と国⺠経済の発展に資することを⽬的」に制定された技術⼠法を根拠に登録された「⾼等の専⾨的応⽤能⼒を必要」とする業務を⾏う技術者のこと。

テーマは、「AIは地球を救う!? ~AIでくらしやビジネスがどう変わるか~」。技術⼠のためのCPD対象⾏事ではあるが技術⼠資格を保有していない人や学⽣の参加も歓迎という。

シンポジウムでは、AIの理論概要の理解はもちろん、AIの進歩によって⽣じる暮らしやビジネスの将来の姿をイメージしたり、企業の取り組み現状を紹介。

その上で、AIをビジネスにどのように活⽤していくのか、経営はどのように変わっていくのかなどについて幅広い関係者が有益な情報を提供する。講演者や⽇ごろ接する機会が少ない異業種の人々との交流の場として、懇親会も併せて開催する。

シンポジウムの概要

開催日時:10⽉13⽇(⾦)13:30〜17:30シンポジウム、17:45〜19:30懇親会
開催会場:芝浦⼯業⼤学豊洲キャンパス [東京都江東区豊洲3-7-5]
・シンポジウム 交流棟6階⼤講義室
・懇親会 交流棟3階カフェテリア
会 費:
・シンポジウム参加費 ⼀般2000円、学⽣500円
・懇親会参加費)⼀般、学⽣とも3000円
参加方法:
10⽉5⽇(⽊)までに企業内技術⼠交流会ホームページの申込欄に必要事項を⼊⼒。9⽉20⽇から受付開始

関連URL

企業内技術⼠交流会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス