1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 帝京大学スポーツ医科学センター、新センター開所を機に本格稼働

2018年10月5日

帝京大学スポーツ医科学センター、新センター開所を機に本格稼働

帝京大学スポーツ医科学センターでは、スポーツでの傷害からの競技復帰や、傷害の発生予防およびアスリートのパフォーマンス向上のためには分野横断的で多角的なサポートが必要不可欠であると考え、メディカル・フィジカル・サイエンス・テクノロジーの各分野の専門スタッフがチームを結成して、分野を超えた連携でアスリートをサポートしている。

メディカルチェックルーム

メディカルチェックルーム

同センターでは、医療機関・トレーニング&リカバリー施設・研究機関が融合した充実の施設によって、スポーツでの傷害からの競技復帰やパフォーマンス向上に必要なサポートを一括して提供している。

医療機関としては、超音波 (エコー) 診断機器、単純X線、MRIなどの画像診断機器を備えているほか、スポーツ傷害の急性期治療に有効な高気圧酸素治療を8人同時に実施できる機器を設置している。

トレーニング施設には、筋力・持久力など強化するために必要な機器が揃っており、リカバリー施設として食堂、プールや各種物理療法機器を備えている。また研究機関として、バイオメカニクスを活用した動作分析、運動生理学を活用した持久力などを、専門的に測定できる機器と設備を備えている。

同センターでは、帝京大学強化指定クラブを中心とした帝京大学グループ運動部に所属する選手および学外のトップアスリートを対象に、広く活用されることを期待している。

関連URL

帝京大学スポーツ医科学センター

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
熊本市 教員研修スタート NTT DOCOMO
SC C&S 未来を切り開く 教育ICT
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら 偏差値40台から70台へ
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • ドローンを活用したプログラミング教育の講師養成講座 受講者募集中 DRONE STAR Academy
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス